FC2ブログ

トウキョウミルク。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

刺。


けふは青空
よい天気......



季節はもう夏......



あれから沢山の毎日があり
ゆっくり綴る時を持てずにおりました


この世界の方々
息災に過ごされていらっしゃいますでしょうか


私とN の日々。
N が、有為子のSもMも、変態も受けとめると申し出た日から、

なんだか奇妙な関係ながらも
必然性と可能性の追求にこがれて
少しずつ、模索している私達です。


私のM を知られることは
S として出会った私の立場上、格を落とす事だと思っていました

けれども
M から生じたS ゆへ

内包しているM が封印されたまま在ることも知ってはいました


まさか共有できる者と
当初は考えもせず、

N の思いを知るまでは
ただ思い付くままにS として調教を施していました

現在は三つの性癖?を
ふたりの生きている事象の折々にあわせて
立場をあわせて、時間を持っています。。

......
SもMも変態も......


なんてよくばりすぎるのではないか



今、私はもしかしたらしあわせなのかもしれないけれど、 何か大切なものをわすれているのではないか、という気持ちも
あわせもっていて



それが何なのか
蝉しぐれを聞きながら
思い馳せています...........



どうしてこんな「人」に
であってしまったのでしょうか






2014/7/29

  1. 2014/07/29(火) 10:03:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

業の花びら。


この最近の日々をUPしてから
すぐにご主人さまから、
ご連絡をいただいた


ブログ読んだよ。
ずっと見ていなかったのに
眠れなくて見てみたら更新してあった


やはり深いところで繋がっているのだろう

。。。


それから
相談が遅くなったお詫びと
今の気持ちをお伝えしました

SとM の交わりをN と持ってしまい
もうもどれないという事...

私には
ご主人さまと呼べる存在はいつまでも
ご主人さまだけであるということ


遠距離でもう調教をすることは
ないだろうけれどいつまでもご主人さまは私の太陽であるということ。。。




ご主人さまも
有為子を頂点の奴隷として
その存在場所を永久にしてくださるとの事...でした




ぜんぜんまだまだの奴隷でした
めちゃくちゃだった私を
受けとめて導いてくださったご主人さま。


ご主人さまに会うために
元主との事があったのだ、と仰ってくださったご主人さま。。。



ご主人さまがいるから
離れていても強く在ることができていました


S は芽生えてしまいましたが。。。


自分にS が芽生えるなんて
想像もしなかったことです



ご自分のことを自由人と仰る、ご主人さまの奴隷だからこそ、


奥ゆかしいM 女でおれず
冒険してゆくのではないのかな


という気持ちもいたします

ご主人さまからいただいたこの傾向を
私らしさとして、
進んで行ってもよいですか。。



ご主人さまにも許可をいただき
はずかしくない有為子でいることを
このブログには綴ってゆきたいと思います



N と、こんな風になるとは
思わず
おおきな大きなものを私は喪ってしまうのではないかと

いま
この流れを見つめているばかりです



天然なN と
長続きするかも分かりませんし
陳腐な関係性しか結べないのかもしれません


でも憧れと叶える力を信じて
扉をこじ開けようと思います


有為子

  1. 2014/05/14(水) 19:05:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春と修羅。


有為子の無意識の貪欲さが
N をよびよせてしまったのでしょうか


はじめてあった時から
M とS が入り交じった「N 」を
気に入ってしまいました

前の変態犬はストイックなマゾヒストでした

私と似ている部分も多々あった

だから分かりやすくて....

まるで修羅のようなふたりでした

きっと貪婪であるのに
純粋なSM しか施さず...

M .K 展で學びましたが
修羅...はある宗教では悪魔....の意味もあるのです

堕ちたくて
堕とされたくて
身を焦がす.....

自分自身が映っている鏡を覗いているような心持ちさへ抱いていました

だからこそ
姿をけした時の喪失感は大きなものでした

「同士感」が強くて...
もしかしたら恋人を失うよりも
強烈な冷たい感情だったのかもしれません


でも
その別れは私自身の「萌芽」のせいでもありました



N は
天真爛漫さと実直さを絵に書いたような男子です


変態犬と私が持ち合わせているジメジメしたM ではなく、それはまるで「春」のようなM ・・・

M ばかりでなく
その有り様が・・・


人が離れるのは
神様の采配なのかもしれないと

思うくらい

私は、今、人に出会う、という事に
驚いています


そして。。
「修羅は春の中をゆく」。。と


たまたま拝読した見田宗助さんの著書に言葉をみつけて


前に進んで行ってよいだろうか....と
思っています

  1. 2014/05/12(月) 22:05:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありのままを。


ご主人さまは
太陽的存在。



そのような方はこれからも決して
現れないと思っています

最近は悩みを聞いて頂いて
リアルで的確なアドバイスに。。。
ご主人さまの器の広さを感じていました

お会いできないけれど
お元気を願い、ご活躍をお祈りしていることで充たされています



そんな「生」の時間の中で
有為子が今、出会ってしまったN という男の子の事を、綴っておくのが
正しい、と信じて書いていきます。


まったく
青天の霹靂・・・・のように
現れたN のことを。


写真は

歩くN ..........
私の作品との関係で
ある場所で使わせていただきました...

  1. 2014/05/12(月) 21:08:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の降る春に。


あれから

........



有為子はどうしていたでしょう



あわただしい毎日の中で.....



最近M の男の子に
出会いました


まだ
自分のことを
マゾかよく分からない、と謂う
未経験の子です


ご主人さまには
まだ報告していません

どう伝えたら良いのかわからなくて....


人と別れ
人と出会う......

と言いますけれど


本当に
出会うために.....

変態犬と離れたのではないかと
思うような気がする


そんな.....春を迎えていました


(。・_・。)












  1. 2014/05/12(月) 20:40:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。